型どおりにはまってて、いかにもキレイな動き。
そういう動きを模範にしようとしたがる。
そういう動きを基準にしてしまう。

私の指導は、、、わかりやすい、、、と評判です。

ほんとうの“わかりやすい”とは、、、
型が明確でそこへたどりつくレールが敷かれている意味ではなく、
人の心へ訴えるものを言うのだと思います。

だから、、、わかりやすいのです。



原因と結果は、、、異なるものです。
重りを受けて、感じたその感じを大事にすればいいのです。
こういうカタチ、っていう結果を元に誤った分析をするのではなく、

自分のカタチを大事にすれば、いいのです。

巧くやろう、、、というスケベ心が、恥ずかしい力みの元ですから。
巧くやろう、、、などとは、一切思わないこと。それが大事です。



[広告 ] VPS




関連記事
スポンサーサイト