感じよう感じよう、、、
感じてるんです。。。っていいながら、、、力んでませんか???
感じるというのは、もっと無条件に湧き出るもの。細工が一切ない。つまり、、、リラックスしている。

リラックスしてるから、、、感じられるのです。正しく敏感になれるのです。
力んでいたら、、、感じられません。

誤解として、眉間にしわを寄せて感じるのではない、ということ。
あとは、、、身体意識(身体へ意識を働かせること)をさせて感じるのではない、ということ。
「思考が感情を作る」と心理学では言われるそうなのですが、、、これだとまさにそういう状態。

そうではなく、、、、
考えて繕った感じ方ではなく、、、思考が先に働き、力んでしまった状態ではなく、、、
繕う考える前の感じ方。素でありのまま!いちばんの感じ方。最初の感じ方。先入観のない感じ方。

無条件に湧き出るのです。重さを受け容れるのです。
なのに、、、その重さが限りなくゼロに近くなって、、、無感覚になって、、、
遊泳するかのごとく、、、挙がってくれる。

重い、と感じることが最初。
そこから、、、あれ???その重さがなくなって、なんだか不思議???心地良い。。。
戻すだけじゃなく、挙げるほうも、、、ゼロじゃない???

みたいに湧き出る感じ。ですので、、、力んだりしたら、、、そうじゃなくなるから、、、すぐにわかる。
まさに、、、動きの絶対音感!!ってやつですね。。。
たったひとつの、あなたにあった動きやリズムがあるわけなんです。

どこかを力ませてバランスを取ろうなんて、、、うちでは考えられないことです。
身体のどこどこへの意識、身体意識、軸意識、、、一切持ちません。
股関節がどうこう、、、体幹が、、、ありえません!!
これだと、、、硬い感じだということも、おわかりでしょう。。。

でも大人は、、、余計なものをいっぱいつけています。
いいえ、、、大人に限って、その余計なものを欲しがります!!
それをといていきましょう。。。
ということを、現場でやっています。



これは、、、私にあった動きやリズムとして。。。ご参考に。。。。。
身体への意識など微塵にも感じられない、素でありのままの動きです。
だから、、、整い心地よくできるのです。

[広告 ] VPS


[広告 ] VPS





関連記事
スポンサーサイト