2016.08.01 視野について
視野が狭いと書かれた通信簿



上の記事は、、、長文ですので、時間があるときにどうぞ。泣ける話満載です。



さて、、、その記事にちなんだ内容です。
私のブログや指導から窺えること。実際にそうお客様から言われたこと。
それが、、、

「哲学みたい・・・・・・・・」

これはもちろん、悪い意味ではなく、深いという純粋な気持ちや感想だ。
しかし、自身、、、筋肉バカにはなりたくない。運動という狭い視野だけで運動を見たくはない。
そこが窺えると思います。

ここからが本題。。。

私は運動以外にも通ずる何かをたしかに求めてきたし、
運動だけにしか当てはまらないものなんて、むしろそれこそ狭い視野。
じゃあ、、、私は、、、たとえば芸術とか音楽、文学、歴史、茶道、文化に精通して、
そういうものを片っ端から追い求めてきたのか???というと、、、

「ノー!!」です!!

むしろ、、、運動しか見ない、ウエイトしか見ない、というその狭い視野を貫き通したからこそ、
逆に視野が広くなった、というか。。。
たしかに最近、日本庭園に行く、スタバにはまる、ある人物の本を読む、などしているが、
これはあくまで、、、後天的であって、、、狭い視野だからこそ、、、入っていけた。

もちろん、、、これが正しい、これが間違い、、、なんてないと思う。
たしかに、外にでれば、いろんな文化をいっぱい吸収していける。
たいていはそうだと思う。世界中を渡り歩き、視野を広げる。

でも、、、もうひとつ。

一切そういうものを見ずして、その視野の狭さを貫くことで、、、逆に世界が広がることもある。
ただ、、、両者にいえるのは、、、
「“自然”に帰っている」ということ・・・・・・じゃないかな???と思うわけ。。。

あれやこれや、、、いろんな人物を知る、歴史や文化を知る、のも面白い。
でも、、、ぶっちゃけ、、、俺なんかは、、、あるところまでいくと、、、嫌気が差す。
「その時間をトレーニングや追求に当てたい」って思ってしまうから。。。

刺激程度なら、、、いい。。。

しかし、、、染まりたくない!!

むしろ、、、その外界のなかから「自分を発見すること」が大事!!



視野を広げるべきだ、、、とかそういう指示はやめてもらいたいし、
自分は視野が狭いおかげで、これだけのものを築くことができた。
もっと築くためにも、、、今の俺であるべきだ、と思っている。



変えちゃ、いけないんだ!!



実は私がトレーニングで伝えてるのも、、、そういうこと!!
その人が、その人らしくないから、、、効果的ではないのです!!
だから、、、自然物に“無条件に”触れるのです!!
ようは、、、小さいけれども大事なきっかけを、提供しています。


関連記事
スポンサーサイト