今はパーソナルトレーナーとして独立しているが、
元は、某ジムトレーナーの契約社員だった。
しかしそこでは満たされず、契約社員を週4日にし、
残りの3日間を、ゴールドジムのトレーナープラスパーソナルに費やしていた。

休みがなかったけど、、、充実してた。

しかし、その某ジムが閉店となるにつれて、進路が揺れた。
破天荒だった俺でも実績が買われたのか、
他店への配属という選択肢もあった。
しかしもうひとつの選択肢。。。。それは、、、パーソナル精度が取り入れてない他店へ。

ただ、、、いずれにせよ、、、俺は、、、指導者以外のことは、、、無能だとわかっていた。
それ以上に、、、自分の好きなことだけに集中したい自分もいた。
そんな迷いを吹っ切って、、、、独立という道を選んだのだが、、、

そう、、、このときが、、、独立のはじまり。。。

ではそのきっかけは???
何がその迷いを吹っ切って、、、自分をそうさせたのか???
キーワードは、、、男気です。


・・・・・・・・


契約社員だったころ、
じつは違法だったのに、許してもらえてたけど、、、笑
これも、、、破天荒なありのままさが、、、出すぎた杭になって打ちようがなかったから。
パーソナルも予約時間が限られていた。

当時、競艇選手を指導していて、彼が遠征から帰ってきて、次の遠征までの数日間だけ見る。
しかも、、、俺が契約社員の日は、見れない。
(契約社員・・・藤井寺/ゴールド・・・・神戸元町)

俺が進路で迷っていた時期。決断が迫られたとき。
彼がちょうど遠征から帰ってきて、最初のパーソナル。
彼は、、、俺のところで急に歩みよってきて、、、

しかも、、、目に涙を浮かべて、、、

「ありがとう・・・・ありがとう・・・・」

って彼も俺以上に不器用で、ぶきっちょに手を取って握手をしてきて。。。
俺は最初、、、何がどうなったのか、、、ほんとうにわからなくて。。。
でも、、、、、、もしかしたら、、、、

俺「優勝したの???」

彼は「うん」とうなずいてくれて。。。



その彼の偽りない表情と動作所作。感情いっぱいの姿。
俺は、こんな素敵なクライアントを持てて。。。
このとき、、、、
でした。俺の心に、、、絶対に揺ぎ無い考えがほとばしったのは!!



・・・・・・



「こいつとなら、、、心中できる」



・・・・・・・・



それが、、、独立を決めた決定打でした。
守りに入って、火木土しか見れなかったのを、
すべての曜日で見れる。賭けてみたい。彼だけじゃなく、他のクライアント、未来のクライアントにも。

先の記事でトレーナー会合があったことを紹介したが、
そこでは「準備が大事だ」とか。
まるで経験を積んだ先輩というのは、、、そこに「良い判断力が秘められてる」みたいな発想。

しかし俺は、、、



今でもこの選択は、、、後悔していない!!



そう、、、俺は、あの頃から、、、俺だったんだ!!



決してクライアント数に恵まれてるわけじゃない。
必死でやりくりもしている。
でも、、、腐らずに、、、自分を貫けるのは、、、

根底に、こういったものが、あったから。。。



14年経って、、、いっぱい傷もつけられた。
でも、、、傷つかずにのほほんと過ごしてきたわけじゃなく、
むしろ深みが増した。



独立して、、、良かった!!



もういちど、、、独立宣言をしようと思う。



関連記事
スポンサーサイト