トレーニングをされる方が求めるのは、、、
トレーニングしよう、と思うきっかけは、、、
トレーニングの目的として自分に求めることは、、、

その多くが、、、きっと、、、



自分を変えたいため!!



たしかに変わることは変わると思いますし、
私もそこを求めていますので、これを一概に否定はしません。
ですが、、、ほんとうにそれが、、、それだけが、、、正しいといえるのか???



強くなりたい。かっこよくなりたい。
じゃあ、、、今は、、、どうなの???
きっとその時点で、、、自分の価値、、、下げてますよね。。。

だから、、、ないものねだりになるんです。。。
ないものを追う、という目線だから、、、、
続けるモチベーションもきっと、、、、「課題ばかりを探す」



うちは、理解が遅いほうだとおっしゃる方にたいして、、、私は、、、
「それで、いいんですよ」
って答えてます。だってその方は、、、それだけ、、、
「自分を大事にできている」

そう、、、自分をそれだけ「認めている」んですから。。。
実際、その方は、、、確実に、、、伸びてきてるんです!!ほんと、、、か・く・じ・つ・に!!



フィジカルを求めたり、動作や心も含め、武装ばかりを求めたりする。
でも仮にそれを手にしたとして、、、
じゃあ、、、武装の中身、、、変わったって言い切れますか???

しかも、、、それを手に入れる間、、、、どれほど自分を苛めないといけないのでしょうか???
それがきつくてつらいものだから、、、続かない。結果を先走る。簡単に見切ってしまう。
見返りを求める時点で、、、自分じゃない。ずれている。正しくできていない。



それより、、、粗野に立ち返り、自分でも気づかなかった自分に気づき、
強がらないで、自分を認め、受け容れること。
「強くはない」「出来が良くない」・・・・・・それを許すこと。

自分は何度か経験したことがあるんですが、、、
ポジティブな発破をかけられ無理強いをさせられるより、、、
ネガティブに欠点ばかりを指摘されて傷つくより、、、

ありのままを認めてくれたとき、、、自分を包んでくれたように、、、嬉しかった。。。
自分でいうならば、ポカで天然な子供モードと奇抜に冴える大人モード。
でも常識的なことについていけず、、、、どこか不器用で、、、
そういう自分を認めてくれたとき、、、ほんと、自分が救われた気になったんです。。。

今では、、、自分で自分をそう認めるようにしていますし、
じつは心の奥で、、、そういう自分をいとおしがっているんですね。
だから、、、迷ったり悩んだりしたときは、それを認め、そこに還るようにしてるんです。。。



自分を変える必要なんて、、、
ほんとうは、どこにもないんです!!




それより、、、自分の素顔を大事にして、、、素顔を知って、許して。。。
私のトレーニングは、絶対音感が手に入る、と前の記事で触れましたが、、、
それは、、ありのままになることを許す、という意味でもある。

挙げない・頑張らない・焦らない


[広告 ] VPS




正しいウエイトトレーニングでは、
その重りは、、、そういうあなたを、、、そっと受け容れ、、、応援してくれるもの。
そして、、、本来あったはずの自信を取り戻すもの。

「どうしてもがんばり屋さんで、、、」・・・・・・そう、、、それも変える必要ないと思うんです。
頑張ることは大事。頑張ることをやめよう、とする必要もない。
でも、その頑張る背景にあるのは、、、「何」ですか???
「それ」がわかれば、、、少し、、、ラクになりませんか???

「それ」が、「好きだ」という好意的なものかもしれませんし、
「それ」が、「ねばねらない風」のものなのかもしれません。
過去のトラウマかもしれませんし、粗野で楽しいことが好き、、、かもしれません。

「頑張りたいから、頑張る」「頑張りたくないから、頑張らない」
・・・・・そういう頑張り方なら、、、自分を大事にでき、うまく頑張れると思うんです。
自分を変える必要は、、、ほんとうはなく、
だから、、、、良い意味で自分が変わっていくんだと、、、思うんです。。。

自分に還る、っていうのか。。。

でも、、、そのときそのときで、年齢を重ねることによる成長もある。
そういう変化はあります。
でもこれも、、、それぞれの「今」を感じ、「そのときの自分」に素直になる。
これが大事なんでしょうね。。。。。変えたくて変わったわけじゃなく。。。っていうか。。。




関連記事
スポンサーサイト