スクワットは、しゃがんだらすぐ立ち上がるのが種ですが、
しゃがんだところで静止してみて、そこから再度、立ち上がる、というのは、
「きつい」「しんどい」「重い」「力が要る」「パワーがいる」・・・・・・これが定石でしょう。。。

この動画を見るまでは。。。

[広告 ] VPS



思考と感覚とのギャップ
この記事の内容どおりにやれば、、、こういうふうに立ち上がることができます。
いえ、、、むしろ、、、立ち上がるだけのほうが、、、案外、、、ラクで簡単。。。


重りを受ける→身体が落ちる→重りが一定レベルで浮く→重りと一緒に動かせる


メカニズムは“だいたい”こうです。って、この時点ですでに、、、ってとこでしょうか???
これをより感覚的に言い換えますと、、、
どさ~っと落ちたほうが、、、ふわ~っと動かせる


どさ~っと受けたのに、、、摩り替わるかのように、重りがふわ~って浮いてくれるんです。
この感覚と感性ですね。。。
強く押されても、、、それを受ければ、、、距離勘が生まれる。

その距離勘を保つように上げ下げするだけ。

距離「勘」だけあって、、、
「バーベルと身体との縦の距離(隙間)」は、「意識して隙間を設ける」のではなく、
「重りをリアルに受けたことで、、、見返りなく自然に、、、勘で掴むように、、、隙間が生まれる」



だいたいこんな感じでしょうか???

蹴らないキックが自然であって、
蹴ってしまうのは、逆らった悪足掻き(わるあがき)だと思います。
ようは、、、「観念」が大事。。。

そう、、、、正しい継続が、、、大事!!

続けることは大事。しかし、正しく巧く続けることは、もっともっと大事!!


関連記事
スポンサーサイト