ついにこの題名になってしまいました。
いえ、、、落ちるというのは、感性というか感覚的なもので、
あえてカタチ・型にはしなかったし、型にならないもの、型にしてはいけないもの。

私がブログで書くようになった以上、この落ちる、という感性の原案者は、私ですので・・・・・
そう、、、俺の代名詞「落ちる」。そういわれて10数年。
もちろん今回は、、、型にあてはめて形式ばるつもりはありません。

ただ、、、より靄が薄れてきた感じになった、とだけ申しておきます。
そのきっかけは、、、そう、、、、この「試案」という記事です
冒頭では、、、こういうフレーズで述べられています。


ふと気がついたこと。
「なんとなく、、、」ってどこか説得性に欠けるっていう思考派の人もいるかもしれないけど、
感情から出た「なんとなく、、、」は、出るべくして出た、と感じています。

無意識から出てきた感情。最近は、そういうのを逃さないように気をつけています。



そうです。。。この「なんとなく・・・・・」な感情は、出るべくして出た。
そして、、、それは、、、「落ちる」という運動感性をより具体的に変えてくれました。
ということで、、、今回は、、、いつも以上にマニアックな記事です。

ご了承ください。

ある意味今回は、、、その「試案」という記事の増刊号みたいなもの。
では、、、「落ちる」がどう具体的になったか???
見てみましょう。。。。







[広告 ] VPS




動画は、クリーン。
ぶら下げたバーをぶら下げたまま、なぜか一気に鎖骨まで。
そういう種目です。

以前は、ウエイトトレーニングや動作には、「二種類の運動形式しかない」と申しました。
・圧縮を受ける運動・支える運動
・牽引を受ける運動・ぶら下げる運動

じつは、、、ここを「改良」するのです!!



なぜか鎖骨まで一気に挙がるクリーンでは、
バーが跳ぶのと同時に、私は、「あること」をやっています。
その「あること」とは???

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・



「落ちていた」



ということだったんです。。。。。へへへへへへ。。。。



さあ、、、、頭がこんがらがってきたでしょう???笑



・・・・・・・・・・・



もういちど、、、
・圧縮を受ける運動・支える運動
・牽引を受ける運動・ぶら下げる運動
という部分。。。

クリーンでは、、、腕はたしかに「後者」である「牽引」「ぶら下げて」います。


しかし、、、


しかし、、、


しかし、、、



身体全体は、、、、、落ちているんです。。。
(身体が落ちるから、、、バーが浮く)


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・


そう、、、ほんとうは、、、


ふたとおりの運動形態ではなく、、、


上から潰される、上から連動する、という「落ちる」ひとつしかない!!




・・・・・・・・


スクワットでいうならば、、、
上から身体が圧縮される。身体には上から下への力が働いている。
でも、、、バーベルと身体との縦の距離(圧縮感)は、一定の距離を持続するのですが、、、
じつはそれほどの圧縮感でもないのです!!


このニュアンスです。これが、、、今回の目玉です。。。

「(身体が)落ちている」のですが、
「重りは、一定の浮き方をする」のですね。。。。


背中のロウイングでも、、、結局、、、腕は牽引されても、、、身体じゅうは、上から圧縮。
つまり、、、落ちている。。。
そして、、、「身体が落ちたほうが、、、重りが浮きやすい」

それで、、、不思議な上がり方をしていた、ということ。。。

引っ張られたほうが、挙がりやすい!!というふうに。
その「引っ張られた」とは、結局、、、
「天井を向いた部位から、落ちていた」ということ。


[広告 ] VPS



・・・・・・・・・・



こうやって、、、普通のウエイト(前者)でも、ウエイトリフティング(後者)でも、、、
「(身体が)落ちる」
がわかります!!この落ち方に「一定でこれ以上落下しないもの」と「滞空落下形態」とかある。
(前者が「落ちる」後者が「ドロップ」というのは、、、私だけの分類。あまり参考にしないで。。。)


これが、、、地球上の動きの知恵で、最大の実用性を生みます。


2年経ってもサボり症(笑)、、、、ワンジャンプを見逃すな!!
[広告 ] VPS


距離感を誤って一度ぽかミス(笑)でも、、、きっちり修正しています。
[広告 ] VPS



多くの方は、、、ウエイトにたいし、そこまでいけてないから、、、
やってもだめだ、と諦めるのかもしれません。
でも、、、差別化するのであれば、それをとことん知り尽くさないと、批判もできないし、

私はそういうこと(他者意識)にエネルギーを奪われるよりも、
自分の考えをもっともっと深めていくこと(自分意識)を大事にしていますので、
相手を見るにも尊重の目で見ます。



最後に、、、クリーンでは、前半と後半に分かれますが、
同じ「落ちる」という枠組みですが、
前半が「落下しない落ちる」「保存の落ちる」で、後半が「滞空落下(ドロップ)」になります。

これは、、、、私だけの分類ですので、、、参考にする必要はありません。。。




関連記事
スポンサーサイト