帰宅後、ノーアップで持ってみたら、けっこう巧く挙がってしまったので、撮りました。

[広告 ] VPS



この動画には、説明文をつけており、それをそのままコピー。それが以下の文章。

挙がっても良い、挙がらなくても良い。
肝心なことは、、、感じること。
感じること、認めることこそ、、、自分を認め、自分を満足させる。
そういう気持ちが、、、機能性や実用性を生むのだから!


そう、挙げようとしていない感じや気持ちなんですね。
それ以上に、、、感じること。だから、実用性なんだ、と。


重りがかかってきます。身体が天井を向いた部位から下へいきます。
「重いんだ。重さなんだ。重さがかかっているんだ」
挙がるか否かってね、、、じつはこれ、、、試合でもそうなんですけど、、、

確信してないから、、、やれる!!楽しめる!!

って部分もあるんですよ(笑)。。。意外でしょう???
だって、挙げてやる!!って力むとさ、、、動きがちがちになるでしょう???
しかもこのとき、、、それ(挙げてやる)は思考だから、感じられてないんです。

正しく感じられてない。自分の今を感じていない。自分を粗末にしてる。。。

それで挙がったとしても、、、どこか違ってるって感じるんですね。。。
評価のために挙げるんじゃないし、私でさえも、記録へのこだわりがないぐらいです。
「それより、、、巧く挙げたい」「自分を満たしたい」

正しく感じられるからこそ、、、、
自分を感じられ、今を感じられ、今に集中でき、自分を認め、今を認め、
自分を愛すること・自分を満たすこと・自分の価値を高めること・自分を大事にしてあげること

へ、つながるわけです。挙がる挙がらないよりも、感じられるか。
でも、感じられなければ、、、自分のベストじゃないし、ありのままの自分じゃないから。。。
そういうことが自然と10年以上も身体でわかってるんです。。。あとは指導を通じても。。。

自分が落ちて、いいんだよ!!(関連記事はこちら



あなたの満足は、、、どこにありますか???
もし変わるのなら、、、急に変わろうとしないでくださいまし。。。
大怪我し入院した状態で、「早く良くなってくださいね・・・・」なんてね、、、ムリでしょう。。。
ゆっくり自愛していけばいいのです。継続は、、、力なり。。。



関連記事
スポンサーサイト