[広告 ] VPS



中庸という意味は、結構広いので、私が知る範囲で述べれば、
単に中間という意味ではなく、どっちの要素も含んでいる、という感じ。
カレーの甘口や辛口と一緒。私のなかでは、そういう解釈です。
(甘口にも辛口の味が入ってて、辛口にも甘口の味が行ってる。両方入ってる)

だから、、、二者のどちらの存在も正しいし、どちらかが悪ってこともない。
そういう解釈にもなってくると思います。
「やってもいい」「やらなくてもいい」

でもこれは同時に、、、
どちらかを選んだのなら、それを貫くべきだ、という意味にも広がる気がする。
「やりたいから、やる」「やりたくないから、やらない」

こういう両者を含んだのが、、、中庸という考え方、、、なのかな???というのが、私の答え。
どっちに転んでも正しい。
そう思えば、、、どこか、、、軽くなるっていうか。。。

自分の挙げ方がそうで、
指導もそう。。。
どこかそこに、、、「ねばならない」という偏りがないから。。。「中庸」だから。。。

そういう気持ちが、、、モチベーションになっていくんだと思います。
そういう気持ちが、、、より正しいほうへ、人を、やさしく、導くのだと思います。
いい加減でもなく、気張った感でもない。単に中間を選んでいるのでもない。

絶妙な調和なんでしょうね。。。



私も、、、トレーナー!!っていう「硬さ」「重さ」みたいなの、、、あっましないし。。。
これは、、、年々そうなっていると思います。
どこか大人になりきれない部分があり、でもときに奇抜だったりする。

ぐいぐい引っ張っていく強さってあまりないけど、、、
様子を窺っていきながら、、、無理なくはじめていく感じだけど、、、
そういうのも、、、今触れた「中庸」がなじんでいるからかもしれません。

「やってもいい」「やらなくてもいい」
「やりたいから、やる」「やりたくないから、やらない」
尊重ですね。。。



関連記事
スポンサーサイト