2016.06.07 熟練2016
円熟味とか、熟練の技とか、

正しくやり続ける、いえ、やり続けた結果で正しいことや理想に近づいてくる、というか。

余計なことをしなくなる、という部分が大きい。

選択肢はいくつもいくつもあるんですよ。
でも、かといって、これしか選ばないってわけでもない。
でも、あれもこれも選ぶわけでもない。

ようは、大人になって、失敗を恐れて、あるいは経験則で判断して、、、とかじゃなく、
むしろ「無邪気な子供のよう」で「好奇心旺盛」がぐらい。
正確には、、、「好奇心の精度」が増す感じ。

本とかに載ってるような、自分で何かをやっていたり起こしていたりしてては、二流で、
自然とまっすぐ向き合い、深く感知し、熟知し、身体の声や心の声に委ねる。
自然は、こちらがまっすぐに向き合いさえすれば、こちらにいくらでも力を貸してくれる。

足を使え、体幹を使え、じゃなく、
どこも使うな!!
って感じです。


[広告 ] VPS




【関連】モスキート音(←クリック)



関連記事
スポンサーサイト