先日の内容で完結しているのですが、
先日の話では、アームカール・サイドレイズなどぶら下げた種目を中心に述べていました。
背中のロウイングなども同じことがあてはまり、クリーンやスナッチも同じことが当てはまります。

ですがこれ、、、プレス系でも当てはまります。
この動画は、【武田マジック】でいう「よっつめのやり方」になって“しまって”います。

[広告 ] VPS



このプレス系も、簡単に4とおりご紹介します。

ひとつめは、何も考えずに挙げ下げ。誰からも教わらずにやれば、そうなるでしょう。
きっと何をやってるのか、何が鍛えられてるのか、わからない感じ。
終わったあとも、きつかった・・・ぐらいの感触で、弛緩するわけでもない。

ふたつめですが、少し視野を広げます。筋をターゲットを意識して行うのですが、
スクワットや腕立て伏せのような多関節の運動になれば、それだけではなく、
動きや関節の位置などを意識したりもするでしょう。そういうのも含めます。

間違いなくぎこちない動きになり、終わったあとも、硬くなっています。
へっぴりスクワットなど、でお尻の筋がよく効いても、、、硬くなるし腰も負担が大きい、など。

あるいは、切り替えしを過剰に意識した跳ね返りのような動きも一緒。
一見機能的に見えますが、じつはじつは、、、終わったあと、硬くなっています。
あまりやりたくないのですが、こういう動きでしょうかね。。。。水面が揺れ、乱れまくった動きです。

[広告 ] VPS




さ、、、余談はいいとして、本題。みっつめとよっつめです。


みっつめだと、ようは、重さをリアルに受けとめ、向かい風をまともに受けて動かす感じ。
一切の反発もなく、力も入れない。扱う重りがより重く感じますが、筋もちょっと効いちゃいますが、
でも終われば、、、弛緩しまくっています。

よっつめは、重さを受けるなかから浮力を拾い、最初の動画のように、風穴を貫通する感じ。
動きがキレ、動きやすく、動きの何たるや、、、がわかり、終わったあとも、弛緩しまくり。

ただ、、、腕立てにしろ、スクワットにしろ、全身運動ですので、全身によく分散されます。
したがって、みっつめでやっても、やばいぐらいの効き方はしない感じでもあります。
あるいは、重さを受けることが案外上達してしまい、一気によっつめへワープしてしまえることも。

そう、、、プレス系だとみっつめとよっつめの区分が案外、あいまいでもある。
どっちも正解で、どっちにもなってしまう、みたいな。。。
細かく言えば、、、ですけど。。。

ただ、、、あえて決定的な違いを述べますと、、、
やはり、、、向かい風を発生させるまでは同じでも、
それがまともなのか、そこから風穴を見つけるのか、の違い。

さらに具体的に、、、

圧縮感。グミがくにゃっとなる感じ。この感じが違います。
みっつめは、、、明らかに強く圧縮され、圧縮されたまま動いていく感じ。
よっつめは、、、はじめこそ強く圧縮されるも、動きだしたときには、圧縮感が軽減された状態が持続する感じ。

距離勘、という言葉を以前は用いていましたが、
圧縮されるだけではなく、隙間が生まれる感じ。
落下の歩調をあわせ、向かい風は生じているんですよ。
風穴っていっても、その風がなければ、風穴もないのですから。

そう、、、腕立てにしろ、スクワットにしろ、たいていは、上からスタートします。
ようは、関節が伸びた状態からスタートします。
ようは、先に落下する動き、戻す動きから始まります。

このときに、、、その落下のなかから自然と浮力が拾え、自然と、、、上がってくれる。。。



と、、、可能なかぎりの整理をしてみました。
私のなかでは、支える種目(圧縮種目)とぶら下げる種目(牽引種目)しかなく、
両者とも、重さをありのまま受けた形状であって、一緒のこと。同じこと。

その圧縮種目においての整理を、今回してみました。



ま、、、日常では、落下を受け入れられて、自然と浮上も拾え、
簡単に動けてしまうのでしょうね。。。
身体って賢いですから。。。だから、あとは、、、(自然と身体に)任せて。。。

[広告 ] VPS



関連記事
スポンサーサイト