じつは、引っ張ってはいませんし、蹴ってもいません。
だからこそ、強い結果が生まれるのです。

[広告 ] VPS



ほとんどの方は、逆らうことで、自己本位なパワーを高めようとしています。
うちは、受け容れることで、受けることで、受けきることで、拾っています。

受けただけなのに、落ちて下げてしまったら、、、挙がらないのでは????

それは、逆らうことでしか動けない、と思うその頭が硬いだけ。
受けきる・下がりきることで、浮上してくれるのです。
それがほんとうの出力であり、固めないバランスであり、やわらかさもかね備わったもの。

下げきってるから、、、挙がるのです。こんなふうに。。。

[広告 ] VPS



もし持ってしまってたら、力で挙げなければいけない。
落下することではじめて浮上します。落下をとめては、浮上しません。
下がること、落ちることで、はじめて、脱力したパワーが拾えます。

身体は、グミやチューイングガムのようでいたいですね。。。

ようは、くにゃっとした自分やびよーーんと伸びた自分をありったけ受け容れる。
つまり、可塑性。
可塑性が持続することで、、、じつは動ける!!

たいていは、いもむしのいようになって、可塑性が維持できない。あるいは固めてしまう。
固めることも、可塑性とは言いがたい。元来は固まっていないのだから。
ただしく受ける。その勇気。信じる心。自然は、たくさん、ヒントをくれる。

これが、武田さんの7つの法則のひとつ。
可塑性の法則です。
伸びたのなら、伸びたまま。縮んだのなら、縮んだまま。



関連記事
スポンサーサイト