2016.05.26 向上心の意味
私は指導で見ているのは、そのお客様がうまくいったことよりも、むしろ、
その方がどういうふうにしてうまくいかなかったか。
というか、うまくいかなかった種類を見ています。

ちゃんと吸収しようとする人は、話の聴き方も違うし、
同じミスでも、ミスの仕方が違う。同じ過ちでも、違う。
そういうミスや過ちなら、私も「大丈夫ですよ!」と安心しますし、期待もします。

でも、聴く耳を持たない人はいませんが、
手っ取り早く、、、とか面倒だから義務感で、、、とか。
そういう人は聞き方が誤っていますし、ミスの仕方や過ちなども間違っています。

最近感じているのは、、、
人が助けてくれるものではなく、自分で這い上がるものだということ。

いたれりつくせり、感じることなく、ただ流れ作業で受身だから、その程度しか手に入らないのです。
やる人は、正しく感じられる人。私は、感じていただくいようにアプローチしてるだけ。
でも、感じない人にまで感じていただこうとは思いません。ただ、その程度の満足で終わるだけ。
あくまで、自分の向上心がそのまま結果になって表れるだけ。ただ、それだけです。

楽しんではいけない、、、というのではなく、
意志を持って、楽しむこと!!大事にすること!!

忙しいなか、時間を割いて、、、だったら尚のこと、、、
昔から私は、そうでした。愛情の裏返しで心を鬼にしていました。それは今でも変わりません。
たしかに誤解されることもしばしばありましたが。。。



関連記事はこちら

大人になったら/GLIM SPANKY



関連記事
スポンサーサイト