私が日々(運動や動作において)考えていることや、考えの幹や礎となるものは、


もっと簡単にならないかなぁ
もっと簡単にできないかなぁ



その礎が、今日の自分を築いてきました。
ここ最近、少しまどろっこしくなってたなぁ。。。
こういうとき、、、私は、自然に帰るようにしているんです。


もっと簡単にならないかなぁ
もっと簡単にできないかなぁ



振り返れば、、、複雑にしてしまうのは、自信のなさじゃないかって。。。


その落下には、浮上も含まれ、求心も含まれるのです。
やはり、、、受けなきゃ!!
「何を???」「自然を!!」

でなきゃ、、、自己本位を追求することになり、かえって動きも硬くなり、
しかも、、、、、ものごとを「ムダに」複雑にしてしまう。。。。。
でも、、、、、、深まったことで、深まってしまったことで、、、さらに説得力と自信も増したけどね。。。

確信だと!!

その落下には、浮上も含まれ、求心も含まれる。
やはり、、、受けなきゃ!!
「何を???」「自然を!!」



[広告 ] VPS



[広告 ] VPS




(補足)たしかに、先日の記事のように三段階は三段階だと思うけど、
三段階のようで、一段階でもあるし、
段階を追うのは、確認作業的でもあると思う。








終わってみれば、、、、



やっぱり、落ちる、だったのか!!



かつての私の動作感性であった“落ちる”はたしかにすごかったのですが、
“落ちる”以上のものがあると、そう求めてきましたが、
それを求めたことで、
逆に“落ちる”すごさが分析され、そのすごさを改めて感じさせられる結果になった。



もっとも、鉛直であったり、受動であったりすること自体、まったく変わりありません。



ただ、、、精度が増したということです。



重力は、受ければ、すっごい味方になる。
間違いなく。
ただ、、、その受け方と使い方に秘密がある。



それをこれからも、伝えていきたい。



関連記事
スポンサーサイト