ウエイトトレーニングの話。
バーベルを身体で前後から挟み込みたいわけです。
鉛直に求心するわけなんですが、その求心や挟み込みは、力んでいてはいけない。

力で求心するものではなく、吸い寄せられるような感じが欲しい。

だって、、、鉛直という自然なもの(重力というドストライクゾーン)に求心するのですから。

でなければ、間違った軸に求心しかねないし、
鉛直軸には、私が思うに、、、掃除機のような求心力があるような気がします。
だって、、、鉛直なんですから。。。そこがドストライクで、そこが自然なポジションなんですから。

あとは、、、最小限の注意点として、高さが変わらない・高さを変えないぐらい。
求心とともに少し高くなるでしょうが、落ちたり、浮いたり、しない感じの主観です。
そうそう、、、イモムシ動作にはならないこと。可塑性ですね。

ようは、、、
求心といえど、力で歩み寄るものではなく、吸い寄せられるように。
挙上といえど、力で挙げたり下げたりするものでもなく、水面が揺れないような高さが変わらない感じ。

ようは、、、
限りなく、、、何もしてない感じ。
なのに、、、動けてしまっている感じ。

ようは、、、
最大のリラックスと
最大の自動化。

ようは、、、
“自然ぇ~ん”な感じ。。。


[広告 ] VPS




もちろん、ウエイトを終わったあと、ウエイトを扱わない日常では、
自然とこの知恵が働き、
鉛直に吸い寄せられるような求心が(自動的に)叶うと思います。



関連記事
スポンサーサイト