ジャンプ・跳ぶ、っていうと、足の関節を伸展させるイメージが強いでしょうが、
このジャンプは、その「関節伸展」をほとんどしないで「跳べてしまう」ジャンプです。
つまり、、、足で蹴って、下から上へ蹴って、みたいないわゆるイモムシになっていないのです。

[広告 ] VPS




高さが変わってしまうというか、
ようは暴れた・抗った・自己本位な動きこそ、負担が大きく、非効率です。
でも、「高さが変わらない=その高さで固まってしまう」のではなく、

「どこまでも落下や加重ができていて、どこまでも浮上や上昇ができている」
つまり、、、高さが変わっていない。

ですので、うちがやっている「体の使い方」というのは、
ある意味、、、「もっとも体を使っていない」
しかし、、、だからこそ、、、「もっともうまく、体が使えている」

体のしくみを考慮し、思考や考察で動作を「繕っていく」のではなく、
これまで無意識に繕っていたものを、どんどんなくしていき、
はじめて、、、ほんとうの動きに気づいていくもの。


ほら、、、高さが変わってないでしょう???
こういう運動は、しゃれとかではなく、じつはバカにできない運動です!!

[広告 ] VPS



だから、、、、
正しく重りを扱うって、、、
いいウエイトトレーニングって、、、

体の使い方がもっとも学習できるんですね。。。


[広告 ] VPS



瞑想と一緒で、無になっていくことで、、、
はじめて、、、
たったひとつの「絶対音感」に気づく感じ。

創意工夫をすること・課すことが「体の使い方の改善」ではなく、
高さが変わらないごくごく当たり前のことでありながら、大人になるにつれて忘れたものを蘇らせること。
それが、、、ほんとうの意味での「体の使い方の改善」だと断言します。



関連記事
スポンサーサイト