どっちの足に乗る

さて、回帰です。
こういうことも年初めに語っていました。
以前の考え方と照らし合わせながら話を進めます。

歩行などの加重の話。
落ちるとか加重とかの目線だと、歩くなら前足側に体重が乗るものです。
階段なら、上りなら上の段、下りなら下の段、の足に。
ただこういうことって、、、意識してそうしようとすると、、、ぎこちな~くなるものなんですね。。。

あるいは、、、着地する前にすでに前足に体重が乗っているのも、これと同じ話。
ようは、、、時間が流れる以上は、「今」と思った瞬間に「もう過去」ですから、「半歩早い」のが通常。
でもこれも、、、あまりに意識しすぎちゃうと、早すぎて逆に合わなかったり、、、など。

結論ですが、

その良い浮き方さえできていれば、、、
天井を向いた部位から自然と浮く感じになっていれば、
それがもっとも自然な加重になってるだろうから。。。


加えますと、、、

落下には浮上が伴う。
これを言いかえれば、浮上する時点で、落下も伴っている。加重も伴っている。
加重が伴わない浮上なら、力んだ浮上。無理強いの不自然な浮上。

このことを別の観点で言い換えると、

浮いた時点で、加重にもなるわけですから、、、そう浮いていることで、、、
着地前に着地しているようにもなり、着地時はキックも終えているようにもなる。
すでに「半歩早いこと」まで築いてくれている。





[広告 ] VPS



とシンプルになりました。
階段を下るときに(とくに走ると)、素直に一歩一歩身体が浮上するあの感じこそ、
良い着地・精度の高い着地だと思いました。

みたいなことを、上のリンクの記事(どっちの足に乗る)におおむね、書かれてあります。




関連記事
スポンサーサイト