数年前の動画です。
たかが自重運動でも、たかが腕立て伏せでも。。。
[広告 ] VPS



ふわふわでしょう(笑)

でも現場でよく言われます。「生でみたほうが、やわらかい」って。
「生でみたほうが、やわらかさがわかる」と。
私が築いたものは、結局、わたしらしさになれたこと。それが答えかもしれません。

ってどういういことかっていいますと、、、

多くの方は、余計なものを、つけすぎ。知識にせよ筋力にせよ。
そこに違和感を感じて、剥がしていったのが、10数年前。
自然体自然体って意識してできるものじゃなく、

余計なものをはがしていった結果、こんなふうになっていったのです。

[広告 ] VPS



では、どうして余計なものがついてしまったのか。
また、どうして余計なものが必要とされてしまうのか。


ながれに逆らってるからです。
ながれにあわさないからです。


ながれに合わないから、逆らわないといけないのです。
ながれに逆らって動かすから、余計なものが必要になってしまうのです。


ながれに合えば、余計なものが、要らなくなってきます。
そのときはじめて、気づくんです。
「これが、、、余計なもの、だったんだ」と。
「あ、、、こんな余計なことを、してたんだ」と。


ようは、、、不自然なことをしてたんだ、ということ。


だったら、、、そこをなくせばいいわけなんです。つっかえ棒を取ればいいのです。


先に、私が築いたものは、結局、わたしらしさになれたこと。と申しましたが、
私自身、天然っぽい部分もあってか、
この業界に入っていっぱい知識が入るのはいいのですが、どこかつながってないっていうか、
使えるもののありますが、何か根本的な部分で違ってるんじゃ???って。


剥がしていきたい。でもどうして、余計なものがついたのか。


こうやって、うちのトレーニングを受けるみなさんも、
自然と余計なものが剥がれ、時代とは関係なく、自分らしい自然を持たれ、
思考もシンプルになって、人として温かく、まっとうになっていき、でも個性もある。

強くもやわらかい。温かくも賢い。
一方しかないのは、ぶっちゃけ、違和感があります。
大事なのは、二面性。
でも、二面性を持つのが自然であり、一方しかないのは、作っているから。ありのままじゃないから。


徹底的に考えれば、、、案外、、、単純でまっとうだと思う。



関連記事
スポンサーサイト