“THE”っていったい???笑
なんで、”THE”がつくの???
ですが、、、最後まで読んでいただいたら、、、もしかしたら、、、、

あ!たしかに、、、「THE 鉛直!」。「ザ」って要るよね!!

なんて思っていただけたら、、、嬉しい!!
って、、、大阪人のノリですが、、、本題へ。

ウエイトトレーニングで考えることとして。。。「軌道」が挙げられます。
スポーツでもあるかもしれませんね。。。身体の動きとか。。。分析が進む今なら。。。

ようは、
・直線的に動かすべきなのか
・弧を描くように動かすべきなのか

ウエイトでも種目によって動きもさまざまだし、
どの種目が直線的で、どの種目が曲線的なのか。
ガイドラインとかなら、種目ひとつにたいして、いちいち個別にやいやい指示があります。

でも、、、、抜本的に、包括的に、、、何がいいたいのか???

そこをおさえてあげれば、、、じつは、なんてこと、ないのですよ!!
ようは、、、、ものの見方。考え方。捉え方。
そこで、、、みつめて欲しいのが、、、「鉛直」という視点です。


[広告 ] VPS



あ、、、、もう、答え、、、わかっちゃったね。。。
これだけやわらかく動けて、、、その滑らかな動きこそ、、、答えですね。。。
でも、、、できれば、、、最後まで見てね。。。





動画でもあったように、
アームカールを鉛直にしたがって、ほんとうに直線的に動かせば、、、違う種目になります。
ダンベルプレスもそうですね。。。

ですが、、、鉛直を忘れて、バカ正直に弧を描く、曲線になるように動かすのでは、
りきんで不自然で、負担も大きく、ケガの元です。
私が何度も繰り返し申し上げる、「カタチじゃないよ!!」って部分です。

関節は、円運動してくれます。

結論を述べれば、、、こうです。


気持ちは、鉛直
結果は、自在
(任せる感じ・委ねる感じ。それでもそこにしか来ない感じ)


これを、気持ちを「弧を描く」にすると、動きがぐたぐたになります。その不要なしんどさや型にはまる窮屈さから、解放させてあげるべきです。また、気持ちを鉛直、結果も鉛直、にすると、違う種目になったり。しかもプレス系の運動では、重りをちゃんと受け止められなかったりします。重りを交わしてしまい、危険になることもあります。

関節は円運動します。それが自然です。かってにそうなるのです。
ただただ、、、鉛直を受け容れます。
ただそれだけなのです。

つまり、、、


直線的なのか、曲線的に弧を描くのか、
などは、どうでも良い話!!つまらない話!!
もっと根元をみましょうよ!!ってことです。



もちろん、スクワットとかなら、バーは鉛直方向・垂直方向にしか動きません。
いろんな関節が動いちゃって、調和して、、、、ほら、、、全身運動だから。。。
っていうか、、、「関節が円運動」すら忘れて良い。それは単なる結果だから。。。

たまたま個の関節が主に使われちゃう運動なら、、、仕方なく円運動しますよ。。。ぐらいで。。。
スクワットなどなら、重心そのものは「鉛直」しかしないし、
移動する運動でも、気持ちを鉛直にしとけば勝手に動きはついてきます。

歩行やランニングの足の動きや、スポーツのさまざまな動きにもいえるでしょう。
もっと分析は、シンプルになるはずです。
そして、、、正しくものごとを見れれば、動作はシンプルなもののはずです。


真下へ、とか、回すように、とか、、、どうでも良い話。そこに主眼など“ない”!!

[広告 ] VPS




気持ちは、、、鉛直!!



どうです!!



ここまで読んで、



鉛直に、、、



「THE」をつけたくなってきませんか???笑




最後までご覧いただき、ありがとうございました。




関連記事
スポンサーサイト