ほぼ力を入れてないです。入れたら、逆に、ブレーキです。
[広告 ]


どんなものごとも、できてくるにつれて、力が抜けてくるもの。無駄が省かれてくるもの。
ですので、うちは、力むことができなくなっていく感じ。

でも、急に力を意図して抜いたところで、それはただの一過性。その瞬間だけ力が抜けたとしても、次の瞬間には力が入ることでしょう。あるいは、動きが乱れてしまい、力を入れなければいけない危険な状況にもなるでしょう。いえ、調和していない抜き方をすれば、ようは自己本位的な力の抜き方をすれば、ウエイトではかえって大怪我をします。

そこで、鉛直(えんちょく)。

高い位置から重りのついた糸をたらせば、その糸の向き、重りが差す向きが、鉛直です。
ですので、これまで何度も繰り返すように、
「高い部分の物の真下に、低い部分のものがやってくる」わけで、(リラックス・自然・効率)
「低い部分のもの、ようは土台の上に、ものを乗せるのではない」のです。(力み・抗い・負担・ロス)

まずはその鉛直を知ることです。

垂らすぐらいですから、力んでいないし、力も入っていない。

あとは、その鉛直には「ながれ」があります。
「上から、下へ」というながれです。
止まって固まってるんじゃないのです。落ちているのです。
いつまでもどこまでも、ずっとずっと。。。始まる前から、終わったあとも。


だから、そのながれに自分を合わせること。

これも、いたって自然。力をいれる必要もないし、むしろ力を入れたら、逆にできなくなる。


[広告 ] VPS


・・・・・・・・・

力が抜けないからといって、体幹に力をいれたり、、、
どこぞの部位から中心から末端などの連動を意識させたり、、、
でもそういうことをしても、結局、りきんでいますし、硬いですし、

これらはすべて、「鉛直にたいし、より一層背くこと」を助長しています。

素直に鉛直を受け入れ、なじむこと。あわせること。
自己本位を捨てること。
あとは関節自体が円運動してくれますので、あらゆる動きも可能になるわけです。

カタチやフォームの前に、ガイドラインの前に、
抜本的な基礎を見つめることだと思います。
鉛直に背くから、鉛直のながれに背くから、ケガや負担やパフォーマンスの低下になるわけで、

あえて極論をいえば、

「普通」にしてたら、うまくいくはずなのです。

その「ここでいう普通」を学びましょう。



関連記事
スポンサーサイト