うちらの間では、余計な力が抜けていることが当たり前で、
「どうしてそこで力が入るの???」
って他人を見てて感じたりするぐらいです。

結局は、鉛直以外の方向を自分から起こすから、力むのでしょうね。
はじめから鉛直の力があるのですから。。。
それに逆らうから、ケガのもとでしかないわけで、負担の元、動きのロス、なわけで。
従えば、受け容れれば、負担が少なく、しかも動けるってことで!!

あとは、関節は円運動してくれますので、たしかにさまざまな運動ができますが、
すべては、「落ちながら動けている」ってとこですね。余計な力なんか入りようがないです。
あるいは、余計な力が入っているから、鉛直を受け容れられないのだと思います。

重力を意識する???ってわざとらしくしないでもいいわけで。
力を抜かなきゃ???ってこれまたわざとらしく抜く必要もないわけ。
もっと自然っていうか。。。

道具や器具ひとつ扱うのでも、ぐぐぐぐ・・・・って握ったり固まったりしてたり。
エクササイズひとつ行うでも、、、なんでそんなに力んでるの???
しかもそれにたいていの人は気づきません。

鉛直になじむことと、力が抜けること。
逆らわないことと、受け入れ拾うこと。

自然物である「重り」を扱えば、、、正しく扱えば、、、わかるじゃないですか!!

正しく!!ですよ!!正しく!!

そもそも重心とか軸とかって、重さを指しているわけですから。
重心も軸も、身体の部位じゃないですからね。当たり前ですけど。。。
それぐらい、、、重さが基準で、身体があるってことでもあるんじゃないんですか???

身体のしくみなどの知識に支配されてたら、このことに気づきません。
そもそも、ほんとうの知識は、、、わかるってことは、、、
動けた結果、あるいはできた結果でわかることであって。

力を抜くだけでは、重さや鉛直がわかりませんし、呼吸やリズムもわかりません。
絶妙な調和を、ウエイトトレーニングで。
やはり、自然物は、偉大です。ウソをつきません!!

だんだん、、、力を入れるほうがばかげてきますし、
だんだん、、、動きを考える(意識する)ほうがばかげてきます。
そうやってどんどんしがらみをなくしていく。これが、武田パーソナルのやり方と成功法則

凝り???ケガ???これらなんか、忘れてしまうぐらいになるし、
疲れてないな???回復早いな???って後から気づかれたりします。
王道を進む、とは、、、シンプルなものにたどり着く、ということ。




時間はもちろん、、、かかりますよ!!あたりまえですけど。。。



でも、、、かけて欲しい時間です。



ただ、ひとつ付け加えると、「継続は力なり」とはいうも、
それは、「一回一回が充実してこそ」の継続であって、
惰性の継続や力んだ継続、これまでと変わらない継続なら、そういう結果になります。

その一回一回を充実させるか否か。それを継続できるか否か。

そこが大事です。こうして、変わっていけるのです。

徐々に変わるケースもあれば、しばらく停滞するもあるときに急成長することもあります。
でもあくまで、良い継続ができた結果です。
それができた人にだけ、牡丹餅が落ちてくるのだと思います。

ただ、自然な動きは、誰しも持っているはずですので、
「あの人にはできて、私になんてできない」
などということは本来ありえないのです。
もっともそういう部分もうまく手なずけていけるのが、武田パーソナルでもあるのですが。



関連記事
スポンサーサイト