こちらが成功例。

[広告 ] VPS


助走というか、剣に差す前の準備動作は、
スクワットやデッドリフト、部位別運動など通常のウエイトと同じ。
最後に差す動き、もぐる動きは、クリーンやスナッチなどウエイトリフティングの動き。

思ったよりも上げなくても、上がる。ぶら下げ感だけで、重りとのリズムの調和だけで、
いえ、これだけのほうが、うまくいく。整う。


しかし、糸の張りが乱れると、このとおり。(最後だけ、ちゃんとやっています)

[広告 ] VPS


もう言葉はいらないかもしれませんね。
しかも、「バランス=固める」ではないことも、一目瞭然。
動きや機能に必要なのは、、、なんとなくわかりやすいでしょう。。。

乱れてまで挙げたくはありませんし、これだと、きついのは当然ですし。。。
うちのワークアウトが心地良いのは、最初の動画のような調和があるから。
この調和には、センスも力も要らない。素直な心や楽しむ心やご機嫌さがあれば、大丈夫。。。



関連記事
スポンサーサイト