今回は、静止と動作(推進)の見方に関する“大幅”改善点です。

・・・・・・・・

正しくウエイトトレーニング(*)を行ったあとは、といいますと、
身体じゅうが軽くなり、やたらうごきやすくなり、余計な力が入らず、身体や動きがまとまってる感じ。
うちは、動きの技術論がない、要らない、作らない、という方針です。

その技術論が、動きのブレーキだからです。自然さを奪うからです。

でもついつい、頭で考えがち。論理で裁きたくなってしまう。
でもそれをひとおこなうがばかりに、あれはあれ、それはそれ、といった「特別意識」となり、
実用的ではなくなってしまう。

そればかりか、あれが足りないこれが足りない、とばかりに技術論や部分的な筋力を欲しくなる。

以上、長い前置きでしたが、、、本題。

崩すことで動作になる。推進しやすくなる。
でもたしかに主観では静止と変わらない気持ち。
でも私が今、感じるのは、、、


絶対、崩してはいけない!!


ということです。でも「固めてもいけない」のですけど。
その「まっすぐ素直な状態」「ありのままの状態」をもっと大事にすれば、、、
ということなのです。

そうでないと、変わってしまうからです。
落ちることや浮くことが。何か、こう、強制的な動きになってしまう。
でも、そんなことをしなくても、崩すようなことをしなくても、


ちゃんとまっすぐのまま、動いてくれるから!!


繰り返しますが、固めてはいけません。
ただ、、、ウエイトでできたその自然体やありのままで、いいんじゃないか。。。
そう、、、できないことに限って、人は、、、、余計な散策をしてしまう。。。



「崩すこと」と「早さ」と「ドロップ」と
スペースという考え方
こちらのふたつの内容も、改善点が大有りでして。また改訂版は後日。


・・・・


(*)はじめての方へ。うちのウエイトは、力を入れない挙げ方。
固めてバランスを取ったり、筋力に頼ることで挙げたり、身体の部位や連動を意識させるのではなく、
ますます力に頼らない自然体、ますます操作に頼らない自然体を引き出すもの。

「ウエイト」は、「作るもの」ではなく、「なくすもの」
多くの人が思う重りを扱う運動は、きっと「筋トレ」のことを差すのだと思います。

だから、筋力が欲しくなり、身体意識や連動やら操作法やらが欲しくなるのです。
そうやって、人の価値が、下がっていくのです!!

正しくできれば、それが不要になります。そのほうが、、、強いから!!
こうして、人の価値を高めていくのです。
これが、私のトレーニングです!!

これはある意味、国語力や読解力と一致すると思います。
読解力は知識じゃなく、人間性や興味を示す心だと思うから。
でもこれが足りないからといって、知識を得ても、、、ですよね。。。読解にはつながりかねません。
そりゃ、漢字の読みぐらいは最低限必要でしょうが、、、最小限ですよね。。。

うちのトレーニングは、筋力は最小限、あとは動きの問題です。
重りに興味を示し、歩み寄ることがありきです。そうやって、動作が拾えるものなのです。
歩み寄る心、余計な考えを起こさず、純粋に感じ入ること。
国語と一緒です。小説を読むのと一緒です。



関連記事
スポンサーサイト