誤解を恐れず申せば、、、


何もしてないぐらいの動きで、あれもこれもできてしまう動きが、究極だと思っています。


何もしないのに、動けてしまう感じです。


そのために、どうあればいいのか。。。


そういうことを、気づかせてくれるのが、こういう運動になります。

[広告 ] VPS



逆に、あれもこれも義務を課されるようであれば、私は「うそ臭い」と感じています。
言葉が増えれば増えるほど、人は混乱します。
そういう深さは、不要です。それより、言葉にならない溢れる感性が大事です。


いかに余計なことをしないか。
余計なことをしないことで、調和でき、力が拾え、負担も減り、動けてしまいます。
どうすれば、そうなるのか。そこへ導かれる知恵を、、、刻んでいくのです。

日常でも自然と、そういう気づきが起きるのです。
こういうのを、「動きの絶対音感」と私は名づけています。



関連記事
スポンサーサイト