スペースという考え方


先日の内容は、マクロにいえば、身体が暴れないためのひとつの策みたいなもの。
暴れるとは、手先足先動作など、あるいは力んだ動き。まとまっていないぎこちない余計な動き。
先日は「踏む」という動きをなくす策として、歩行なども活かせると紹介した。

で、今触れようとしたのは、

「ちゃんとウエイトできてたら、、、踏むことも暴れることも、なくなるのでは???」

という冷静な内容を記載しようと思ったのですが、、、

「いや???待てよ???トレーニングを継続できてる人のすべてが、そうか???」

「違うよな~」

ということで、スペースという考え方は、うちのトレーニングを充分継続された人には不要です。
自然でいいと思います。自然であったほうが、、、結果がついてきます。
以上、、、補足でした。



関連記事
スポンサーサイト