[広告 ] VPS



「足の上に胴体を乗せる」「土台の上に何かを乗せる」という考え方ではなく、
「胴体の真下に足がくる」「高い部分の真下に、土台がやってくる」と私は考えています。
前者だと、足の力みが極まりなく、脚力は発達するでしょうが、足だけの足、というか、
後者のように、上体ありきの足であれば、足がもっとも自然な使われ方をしていると思います。

「体重計に乗った感じ」、とは数年前、このブログ開設当初か前のブログで申していましたが、
ようは、踏みようがないのです。機能すると。でも、ちゃんとロスなく加重されてるというか。
しかし、歩く際とかなかなか踏むことから逃れられないケース。

じつは、案外、スクワットよりも、歩行とかのほうが、踏まない感覚がつかみやすい。
掴むきっかけになる。動画のランジエクササイズもそう。
もちろん、、、「やり方」「動き方」ありきですが。。。

歩行では、前に進む以上、比重が前に少し変化せざるを得ません。
つまり、わずかに上体が前に行きます。ようは、わずかに「崩れます」。
すると、、、身体の下部、上体の下部には、「スペースらしきもの」が。。。ですね。。。

単純に、そのスペースに、次に着く足が来ます。
スペースができるのを待ってから、足が来る感じです。
それが、上の動画です。

ここまででやって、、、「さらに足で踏もう!!」など、、、できますまい。。。
もし踏んでしまえるのであれば、スペースができてないのだと思います。
いっそのこと、、、気分だけは、「上体の真下は、スペース」みたいな感じなら、
スクワットをやっても何をやっても、動きやすいと思いますよ。


こちらは、そのスペースを自然発生させた運動です。
この感覚は、歩く・走るほか、ようは滞空が伴う運動すべてにおいて、役に立つと思います。

[広告 ] VPS





関連記事
スポンサーサイト