これは、旅行や仕事などもそうですが、運動やトレーニングでも同じです。
荷物が増える要因は、不安からだと言われます。不安だから、あれも必要、これも必要、みたいに。
必要最低限のものさえあれば、あとは、どうにでもなる。何とでもなる。

運動やスポーツ、トレーニングでいう、
身体じゅうの細かい技術や、体への細かい注意点が増えていくのは、ときにそれって???
そういう「技術論?」でにぎわうその輪に飲み込まれないことです(*)。

私は、どの人にも素質はあると思っています。
だって誰しも、自分らしさやありのままを持っているはずですから。
でも、どうしても「この人、素質がない」と感じるタイプがひとつだけあります。

運動暦や体力レベルや知識の量ではありません。
荷物をどんどん増やす人を指すのです。
荷物を捨てきれない人を指すのです。

だからある意味、
運動暦ゼロ、運動に自信なし、知識もないんだけど、ぐらいのほうが、才能あり!!ともいえます。
必要最低限の荷物のなかには、ほんとうに必要なものしか入ってませんから!!

そこに、答えがあります。運動面では、うちは、そういう答えを、探しているのです。


こちらは、関連記事。運動やトレーニングのメニューの量も同じ。不安の裏返しではいけません。
【重要】【関連】【参照】種目は、少ないほうがいい



(*)正直感じるのは、できる人ほど、教えたがらないもの。紹介しないもの。
もし話すとすれば、人を選んで話します。
あるいは、すごくシンプルなことしか言わないものだと思います。





関連記事
スポンサーサイト