2016.02.22 ざっきばらん
今回はカテゴリーを越えて、ざっくばらんならぬ、雑記ばらんに、書き綴ってみます。

ほんとうに不思議ですね。
良い選手とか挙げる選手とかを分析というか彼らの強さを探るというか、
そのときにどうして、こういう話になるんだんろう???って。

「この選手はどこの筋力が強いのか」
「どこの筋力を使ってるのか」
とかね。。。。

おいおいって、じゃあ実際に、そこを強化してその選手並みにできたところで、
じゃあ、その選手に一致する選手になれるの???ってことでしょう???
バランスが良ければ体幹だ、とか(笑)。情報網なんだから、もっと賢い分析できないの???って。
ましてや運動に携わるわけだったら、そういう運動感性でものごとを見るっていうか。

実際、重力に准じて脱してれば、軸はできるだろうし、
子供のあのまっすぐな姿勢は、体幹の筋力なんですか???って。
固めてるから、安定しないわけなんだし、
うわべで繕ってばかりで、頭までかちんこちん。もっと賢い分析ってあるんじゃないかしら。。。って。

そもそも動ける人て、力入れてないはずだし、
それでも仕方なく筋電図では映る出力があるだけのことで、主観は脱力のはずで。
重さとか、早さとか、浮力とか、拡散力とか、思考力とか、色々あると思うんだけどな。。。


で、今日のトレーニング、すばらしく良かったよ。
前の記事にもあった「だめかと思っていても、信じる気持ちを共有することで、限界を越せる」
今、俺の動作の考えを、短くまとめたら、こうなるの。。。

どんなに落ちたとしても、必ず浮くから
どんなに重りを受けたとしても、必ず浮くから


空は飛べませんが、浮くものだ、と信じる気持ちがあれば、思い切って受けてしまう。
デッドリフトがやばかったね!!これまでになく、腕が脱力され、しかもすごい上がり方!!
いつもより20kgも増やしたのに(125kg→145kg)、上がり方がいつもより遥かに良かった!!
スクワットも良い感じ。100kgでめげていた(笑)(*)のが、125kgでも受けているのに浮いてくれて。

しかも、終わったあとの「その軽さ」「動きやすさ」
(うちのトレーニングは、おわった後、劇的に軽くなってくれるのです)
やばかったよ!!普段もいっつも感じてるけど、今日はまた違ったな。。。

*試合では160kg以上は挙げているのですが、、、オフはいっつもこんな感じで:笑

しかも帰りしなの自転車(梅田→堺)。坂道でもすっごく良かった。
「落ちる」が主体で「それでも浮く感じ」かな。見事な両立になって、交錯して出力が違った。
いや、、、らくだった。浮くと信じて落ちてみたら、ですけど。
階段とかジョギングでもそれは感じてはいたけど、この感触、間違いないね。。。



仕事の行きしな、またしても一杯目は大阪市内で。

そういえばね、堺のある店で店員が、「香りも楽しめますよ」って。
いっつも紙カップにフタをしたまま飲んでいたけど、今日、ふたを開けて嗅いでみた。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
うわ~!!やばい!!芳醇っていうかスモークな感じを筆頭にさまざまな香りが、、、、
飲んで、良し
嗅いで、良し
笑うしかなくって、、、これって、、、、このはまり具合って、、、、

まるで中毒(悪い意味じゃなく)やん!!って(笑)。。。

さあ、、、二杯目もいただこうかな???



なんて、“ざっきばらん”な記事になりました。



関連記事
スポンサーサイト