[広告 ] VPS



ずばり、動きの先生は、重りです。

体はたえず、変化します。体調や気分などに左右されます。
必ずしも「ベストコンディション」とは言い切れません。
しかし、重りという自然物は、必ず一定です。「必ずベストコンディション」なんです!!

だから、「絶えずベストコンディション」である「重り」に、歩み寄るのです。
そして一度がっつり歩み寄れば、ようは「ポジショニング」ができたら、「重りと対話するだけ」
そう、歩み寄りやポジショニングは、最初だけでいい。すぐに忘れること。
よほど変なことをしないかぎり、乱れませんから。あとは「対話」を楽しむこと。

重りは、浮くものだ、と。
浮く力を拾うことに専念するのです。
体をどうこう・・・・・・・を忘れ、浮力が発生する重りと対話する、いえ、重りが浮くだけ。
結果、体の動きも、ついてきます。

体の動きをどうこうしよう、、、、としてては、意識づけにキリがありません。
そもそもバランスが取れないのは、筋力のせいや意識付けのせいではなく、
重りを見てないから。ベストコンディションである重りをみてないから。

ほんとうは、重りを扱う運動ほど、
不思議なぐらい軽くって、負担がなくって、脱力できて、しかもすかっと動けるものもない!!
重りが誘導してくれますから!!と、どこか神秘的でどこかエキゾチックな動作感へと!!

自分の体だけで、
不完全な自分の体だけで、すべてを解決しようとするから、ややこしさが増していくのです。
固めて守る、整えるのではなく、意識して体を動かすのでもなく、
浮くようなすかっと感で、動けてしまうものなのです!!

たえずべストコンディションな重りから学んだ体は、
その刺激を受けて、
自分も、ベストコンディションになろうとしてくれます。

これが、、、うちのウエイトトレーニング。
これが、、、うちの運動効果。
強化は苛めることが主眼ではなく、ベストコンディションへ導くもの!神秘的でエキゾチックなもの!!



関連記事
スポンサーサイト