背中のトレーニングでいうならば、
・背中を意識して
・肩甲骨を寄せて
とか言われ、使う筋肉を意識して動かすようにされます。ようは、使う筋肉(背中)を”効かせる”

機能そっちのけで体だけが発達すればいいのであれば、これでいいのでしょうが、
機能も含めトータルで考えれば、それでは満たされません。硬く鈍く凝る筋肉になるでしょう。
「効く=動きが悪い・負荷が分散されていない・力を拾えていない」のですからね。

「効いてしまった・使ってしまった=動きのミスショット」ぐらいでいいと思います。

背中トレならば、腕はもちろん効きませんし使ってない。でも、背中もほぼ効いていない!!
でも、負荷が逃げたわけじゃない!!ちゃんと受け止めたからこそ力を拾えてもいる。
結果、「天井を向いた部分」だけは、「ほのかに」効きます。これなら正解です。

あと、結果的に、体は高い部分から浮いてくれますので、
自然と手先足先動作にならず、背中側から動くことになってしまいます。
これを、この因果を誤解して、背中から中心から動かそう、などとは思わないことです。

これが「私の実感」です。しかも全身が温まる。しかも、やわらかくなる。結果的に、発達もしている。

そんな動画に編集してみました。
終わったあとにストレッチしたら、びっくりするぐらい「張っていない」「やわらかい」
でも、温かい。でも、発達もしていく。でも、人間離れした偏った発達でもない。
では以下をご覧ください。効かさなくても、(むしろ総合的に)効果抜群です!!

[広告 ] VPS



重りは、、、浮くのです!!
ふわりふわり、、、を拾います。
そして重りに歩み寄ること。

いたってシンプル!!

「基本は全身運動」つまり、分散させ、効かさないこと。
でも、ほのかに効いちゃうって感じかな???
それが、効かさないことが、効かさず機能させることが、力を拾うことが、ほんとうの機能です。
(固めている場合では、ない、ということです)


つづきはこちら



関連記事
スポンサーサイト