すいません、、、動画の最初だけ、顔がアップになっちゃってますのでご注意を。。。
[広告 ] VPS


ウエイトトレーニングの基本は、戻す動きというか、重りを受けること。
これに異論はありません。
受けることなしに逆らって自己本位に動かすことで、力んだ筋力を鍛えることになる。

でも、その戻す動きを、落下にあわせてって部分。
これね、、、けっこむつかしい。。。
案外力んじゃう。。。重りを、持っちゃう。。。あるいは、かくんと抜けてしまう。
重りより先にフライングしてしまう。負担が大きくなる。

でも、その問題点も、簡単に解決します。



伴走落下、戻す動きでこそ、、、「重りの浮上」を拾うこと。



これは決して、力を入れてブレーキをかけるような動きじゃなく、
浮上があるから、速度がコントロールされる感じ。
そういう気持ちで落下すれば、浮上も叶うし、

結局は、、、その受け方に、、、浮上の観念を持つかどうか。

そこにかかっています。

たしかに戻す動きが基本で、受けることが基本。
これには異論はない。
でも、挙げるうごきも、浮く動き。戻す動きも、浮く動き。
挙げる戻す関係なく、浮くことが大事だということです。



関連記事
スポンサーサイト