競技者なら、他の選手に負けないように、、、となるのでしょうけれど(*)、
トレーニングにおいて、もっとも大事なことって、そこじゃないんです!!
だれそれさんのほうが重い重量を扱ったからといって、
自分がそのだれそれさんに負けたわけでも何でもないんです。

大事なことは、、、「トレーニングは、人と競うものではない!!」ということ。
もし競うのであれば、過去の自分と競うもの。
かといって、表面的に「重量の重さだけ」で判断するんだじゃなく、

「何が、過去の自分より成長したのか」

常にそこを見るのです!!


誰かに流されて自分のペースが乱されるほうが、自分に負けているのです!!
最終的な目標が何なのか???(とくにアスリートなら)
そこに向かうための「ひとつの手段」としてトレー二ングがあるだけのことで、

重量や強度や追い込んだことがすべてではないし、
しっかり自分のやるべきことを見つめるべきです。
数値は結果論であって、大事なのは???ってことです。

だから、うちでも選手やお客様によって、数値はまちまちです。
でも、彼らすべてに、私は、「自信を持っていただく」ように務めています。
実際に、結果は伴っていますし、ジムがステージではないのですから!!



(*)でもほんとうは、、、、そのためにも、自分のやるべきことを把握し、自分のベストを尽くすことが大事で、相手のペースに飲まれてはいけないし、自分を見失ってはいけない。だから結局、、、敵は(弱い)自分になります。



関連記事
スポンサーサイト