うちではお客様の運動目的によって、以下のような「ウエイトリフティング種目」を取り入れています。
とくに「スポーツされる方」においては、たいてい取り入れています。
これを取り入れるメリットについては、こちらの記事でおさらいください。

何度も申しているので、もういいかと思いますが、繰り返しますね。
「重りは、、、、浮くのです・・・・・」
「重りは、浮力を、潜ませているのです!!」

浮く特性や浮力を拾って浮くように動かして上がってしまう私のトレーニング。
ですので、落ちるものにたいし、力で抗って挙げたり、力んで身体を守るものではないのです。

で、その浮き方を最大にしているものは、
セカンドに移行する際に、自分が滞空してしまう動作が自然と含まれることにあります。
それゆえに、ファーストで厳しかったとしても、
セカンドではより一層の信じる心で、脱力し、浮上するわけです。

下り階段では、身体が断続的に滞空しますね。
でも同時に、身体のてっぺんから浮き上がってきませんか???

そもそも、浮く特性というのは、滞空状態ではっきり表れるもの。
ですが、地に着いていても、足以外は滞空ですし、
地があるだけのことで、じつは滞空もしているはず、と私は考えています。

ですが、やはり、ほんとうに滞空(落下)したとき、大きな浮力が得られます!

こちらはあえて、地に足をなるべく着けたまま、やってみました。
これでも足が自然と離れ、わずかな滞空になってしまうので、結果的に速く挙がります。

[広告 ] VPS



しかし今度は、あきらかに滞空してやってみますと、、、
見た目以上にすごい浮力でして・・・・・

[広告 ] VPS



どっちが良い悪いではなく、私はどっちでもやっています。
浮く精度を高めるなら、上のほうがいいし、
浮く威力を高めるなら、下のほうがいいのです。

ただ、、、スクワットとかよりも浮力の威力が感じ取れ、しかも動作改良にもなって。
スクワットがうまく行かない方に、練習でこれに近いことをエクササイズとして行って、うまくできた例もありました。とくに、「どこにしゃがめばいいか」というポジションがわかりやすいのです。この辺についてはまた後日。「主観と客観の違い」とでも題して、いずれ記事にしようと思います。



関連記事
スポンサーサイト