2016.01.14 運動効果
トレーニングにもたしかにさまざまなメソッドがあり、選択肢がいっぱいあります。
そのなかで私は「ウエイトトレーニング」を採用して、「自然」と「自由」を味わってもらっています。
ただ、最新メソッドなど、それ自体は悪くはないと思うのですが、
肝心なのは、それを行う「本人の身体の使い方」です。

そこに問題があれば、力んだフィジカルになったり、実用化しなかったり、代償ばかりだったりします。

ですので、身体の使い方が大事。

ただ、その身体の使い方は、身体を使おう、とばかりに、
私の言葉でいう「筋トレ」のようになっていませんか???ということ。
どういうことか、といいますと、結局自己本位に自分の筋を意識させて動かしている。

でも、自然環境ありきの身体だということ。それに打ち勝つ能力や調和しない動きではない。
ただ、、、自然環境に支配されているのでもない、ということ。
自分の意思で動かせるはず。でも、自己本位で逆らった風ではなく、自然との調和もできている。

つまり、、、身体意識で身体を感じながら動かすのではなく、
重力を受けているのにも関わらず、浮くような動きになり、
浮くことでさらに加重もでき、しかも自由に動かせていて、しかも力みや執着がない。
でも、重力に支配されてもいない!!

ってなふうに。。。



って、これ、、、



「魔法」みたいでしょう???



でもね、、、、



体の使い方って、



「魔法」だと思うんですよ!!



それを、「自然物」がやさしく教えてくれる。



それが、、、ウエイトトレーニング。(筋トレではなく、西洋的でもなく)



だから、、、体の使い方が伴った強化になる。
フィジカル要素が鍛えられるんじゃなく、「体の使い方」「動作」「身のこなし」が鍛えられる。
その「動作」に見合う「身体」が結果的に作られる!!

賢く動きの知恵が詰まった身体。
まっすぐ整いつつも緩んでいる身体。
抜群のコンディション。ストレスフリーな健康体。ケガやコリ知らず。
温かい身体。



強さとやわらかさが兼ね備わり、
賢さと温かさが兼ね備わるのです。



そう、少し加筆ですが、

機能機能って、一生懸命な感じではないんですね。われわれは。
すべてはついてくる!!って感じで。
だから、周囲よりは知性は劣るかもしれませんが、でも、ある意味、本質はわかってるっていうか。



関連記事
スポンサーサイト