たとえば、床にあるバーベルを持ち上げたいとき。
床にバーベルが着いてるわけじゃないですか???
そこからスタートして持ち上げたりしたいとき。

ところで、、、

床にある状態よりも、
はじめからバーベルなり、重りを持っていたほうが、やりやすいでしょう。
とくに出だしは。。。
デッドリフトのような種目は。あるいはプル系のマシンとか。

なぜって???なぜだと思いますか???

最近の自分の見解ではこうです。


だって、、、


重りが、、、


初めから、、、


滞空してるんですから。。。(浮いていることがリアルにわかるのですから)


バーベルをはじめから担ぐスクワットでも一緒ですよね。。。
落下物は、浮上もします。
この同時進行がつかみやすいのです。滞空だと。

だから、最初は、、、床からの出だしは、むつかしいよ。。。

ワンモーションがおきて、ぐっとかどふっとか力むからね。。。
でも最初は、それでいい。2回目以降でできてたら、上々!!
そう思ってください。でも、、、必ず後日、一回目もできちゃいますから。

って、話の水準が高くなっちゃってたかな???

っていうのは、、、さ、、、

教科書とか、本とか、さ、、、よくいうんですね。。。。

「出だしは、固めよ」とか(笑)
「出だしをインパクト込めて」とか(笑)

そういうのってね、、、ワンテンポ遅れた瞬発力っていうんだと思うよ。
硬いし、鈍いし、動きがどこがぶっといし。。。
これはきっと、頭で思考するあまりに、「重さは浮かないものだから」が前提だからだと思います。
だから、硬く、鈍く、ぶっとい動きが常識化されてしまったんだと思います。


殻を破るのです!!


本来は、落ちていて、浮いています。
しかも、、、着いている最初から最後まで。
はじめる前からいつまでも。。。

だから、、、いかにして、その「時間のながれ」にも合うかって大事なんですね。。。
たしかに出だしは最初はむつかしい。
でも滞空時の反復記憶さえされば、、、きっとうまくいくと思います。
この動画のように。。。。


関連記事
スポンサーサイト