いきなりですが、スクワットジャンプ(ジャンプスクワット)をやってみました。
私がやれば、こんなふうになります。
ではどうぞ。


[広告 ] VPS




やったことのある人はわかると思いますが、しゃがみからジャンプするときって、
足が、太ももが、きついはず!!
下から蹴って、下から蹴って、まだ尚下から蹴って、って感じになって、、、えずくようなきつさ。

でも上の動画、いかがでしょうか???
不慣れなぶん、最初はちょっと浅かったですが、深く沈んでも、楽そうっていうか、
どこか一体感があり、足に偏った使われ方をしていない、負担の少ない、どこかスムーズ。


何度もいうように、、、


主動は、バーべル。


バーベルが、先に、浮くのです。



[広告 ] VPS



主動筋といって、たとえばアームカールでは肘を曲げる筋肉、つまる力瘤の筋肉(上腕二頭筋)が短縮するので、そこが主動筋。ベンチプレスなら大胸筋。といった具合に、挙げる動作でメインで短縮する筋肉を主動筋といいます。しかし、私のウエイトトレーニングでは、その主動筋は「意識しません」

動きが硬くなるから。
動きが不自然になるから。
ようは、そこを意識するのは、ブレーキ動作で、筋肥大にはよくても、その他の要因でマイナス。

そもそも「主動筋の意識」が、逆らう動作、筋肉主体の動作、負担の大きい動作を作ります。
本質として、主動筋は「結果」であって、「原因」ではない。これが私のウエイトトレーニング。
でもどうしても「主動筋」あるいは「主動部」を意識するのであれば???


私の主動筋(主動部)は、、、


バーべルです。


(バーベルは筋肉ではありませんし、体の一部でもありませんが、私にとってはそこが主動されます)



関連記事
スポンサーサイト