これは、誰しも味わえる感覚なんです。
エレベーターで降りる際がそう。ほかにもあります。
階段で下る際もそう。走ったほうがよりわかる。「落下が伴う=体は天井部位から浮上する」感じが。

ウエイトもそうで、
たとえば、バーベルを担いだスクワットがそう。最初バーベルを担いだときは、さすがに重い。
でも、しゃがみ始めたら、あっさり「バーベルが浮いてる感じ」がわかるはず。
とくに重い重量になればわかりやすい。(かくんと膝などを抜いたりしないこと。そういう意味ではない)

そのスクワットですが、せっかくしゃがみで浮く感じになってるにも関わらず、
立ち上がる際に、、、バーベルが落ちてしまうんですね。それで体で筋力で挙げるってなるんですね。
バーベルが上がる前に身体が上がってしまう。縦の距離が過剰に圧縮されたその心地悪いブレーキ感。

せっかく浮いているのだから、
立ち上がる際も「浮いたまま」でいいのにね。。。と、これが多くの方ができていないこと。
ようは、バーベルと体との「縦の距離」は、短縮すべきじゃないんだと思うんですね。

そう、ウエイトはたしかに、戻す動きありきの挙げる動きだといわれます。
浮く、という観点においても、まさしくそうなんだろうね。
戻す動きになったときにこそ、(重りが)浮く感じがわかりやすいから、
あとはそれを基準に「(挙げるんじゃんく)上がってしまえばいいだけ」

まあ、、、どっちの動きも同じメカニズムで動けってことです。
これらが「別の動き」になってしまうから、
二段ノーモーションとかブレーキとか偏った充実になってしまうんですね。

結論は、落下したときに、浮上がよくわかるよ、って話です。
ウエイトでいえばおおむね「戻す動き」がこれに当たりますが、浮くものだ、と信じきることが大事になります。



関連記事
スポンサーサイト