動けたときって、すっごい幸せな気分になるもんですね。

ほんとうのことがわかってきて、執着がなくなっていくんですね。

と、その執着について、なんですが、、、

前なり横なり動かしたいとき、推進したいとき。

ついつい人は、その執着で、「前へ」「横へ」って考えちゃう。。。

これを、「上へ」にしたら、

もちろん、「浮く」わけで、「力んで上げる」わけじゃないんですが、、、

「浮く」という「もっとも自然で」「どこか心地良い感じ」だと、

結局関節運動は、円運動しますから、、、

行けちゃうんですね。。。上下動ほとんど伴わずして。。。

走ってて、これまでと明らかに歩幅が変わったんですね。

そして、もひとつ。

「浮く=落下もすでにしている」ってことで、ようは、加重もなされてるのさ。。。

加重した感は、まったくないんだけど、

でも「浮く」だけで、それも叶ってるってか、反発も拾えてるんだろうな。無意識で。。。

つまり、加重や落下を完全体にするには、浮上が欠かせないってこと。

もし上下動が気になるなら、きっとそれは、下から蹴ってるんだと思います。

また、調子が悪いときは、「前へ」あるいは「下へ」ってなっちゃってたみたいで、

「本来の出力」になってなかったんだと思う。



なんだか、、、とっても面白いことになってきた気がします。



関連記事
スポンサーサイト