落ちた、ようは、正しく重力を受けたことで、ふわふわ拡散された自在性のあるスムーズな動きやすさが実現することを述べてきたわけですが、その前に、正しく落ちる、重力を受けるには、それこそ固まらず、拡散して、みずたま模様のようなふっくら感でいたほうが、叶いやすい。

落ちるにも、体が自然とそういう適応をしている。
落ちる、が先行したときに、下肢から沈んでしまう(踏んでしまう)失敗例もある。
自然な溜めができる、という結果ではあるのですが、、、

でも、ふっくら浮かせることで終わってはいけない。
あくまで落ちることを加速させるためのこと。
両者は両立しているのです。

この動画は、かなり大げさですが、最初はこれぐらい大げさでもいい。
[広告 ] VPS


実際にバーベルを担いでみても、、、無意識でそうなっているものです。
[広告 ] VPS



関連記事
スポンサーサイト