2015.11.24 因果関係

[広告 ] VPS


いかにも負担が少なそうで、動きが簡単そうに見えてしまう、
そのふわふわな動きになった理由は、
重りの重さを体が受けたからです。

重りという物体そのものも、たしかにエネルギーの塊で、分子構造。拡散しています。
だからほんとうは、重り自体がふわふわのはずなんです。
でも、そのふわふわを意識するのではなく、

重りに作用する重力と自分をあわせることで、

重りとひっつくことで、

ふわふわという要素も、あとからついてくる感じ。

落ちれば、、、重りと共に真下へ適応順応できれば、、、動作はふわふわになる。

でも、落下はしている。
でも、ふわふわ拡散して動けてもいる。
そんな感じでしょうか???

(補足)
「落ちる=落下力+拡散力」
みたいな。。。
(「落下力-拡散力」ではなく)



関連記事
スポンサーサイト