[広告 ] VPS



真下って行く、ってことを、シンプルに考えましょう。
重力が鉛直落下に働く。我々は当たり前のようにその事実を受け入れている。
ようは、、、「何もしなくても、真下へ行ける」「いちばん簡単な動きが、真下へ行くこと」


いちばん繕わない動作が、真下へ落ちるという動作です。


なので、真下真下・・・鉛直鉛直・・・・なんてしてたら、踏んじゃいますよ。。。
踏んだら、落下がせき止められますからね。
しかも、真下じゃなくなってるわけだし。。。(余計な関与が、ずれを生むんですね)


だから、、、たとえば体重が前へ比重した落下で進むにせよ、
真下なのか、斜め後方なのか、を考えるのではなく、
繕わずに真下に行けばいいわけです。


でも、体を見ないことでしょうね。。。架空の落下物を見るぐらいでちょうどいい。
ようは、「内部感覚」「内的注意」が、動きを狂わせます。力ませます。体を見ることで、踏んでしまいます。
「外部感覚」「外的注意」か、もしくは「ニュートラル」「自動化」「内も外も見ないで自然に」


やっぱり、真下なのです。
[広告 ] VPS




体を過保護に見ることは、愛に不足があるからです。
愛いっぱいに、、、体と自然を信じてあげようではありませんか???


関連記事
スポンサーサイト