あえて「浄化」という言葉にしました。「観念」とほぼ同じ意味になります。
色々動作のポイントは掲げてきましたが、
これらは、「うちのウエイトを体験してない人向け」の話。

うちのウエイトトレー二ングを経験すれば、
すいません。。。ブログでさんざん述べてきた「溜め」や「早さ」や「脱力」や「等速」などは、
不要になります!!

うちのウエイトを味わったならわかる話を紹介します。

結論から。
「それ」を味わうと、もう、体に任せていいのです!!
それでも、なぜだか、動けてしまうから!!いえ、そのほうが、動けてしまうから!!

そう、、、述べてきたポイントは、たしかに帰納させたものですが、
これを直接、演繹にするのではないのです。

もっとこう、魔法がかった、神がかった、というか、、、任せても叶うわけですから!!

むしろ、、、ほんとうの原因や元凶は、「余計なその体の使い方」にある。
足で蹴ったり、固めてバランスを取ろうとしたり、胡散臭いその動作法だったり、
それらをすべて捨てて、重力を受けて、落ちること。観念して動くこと。自然にちかづくこと。


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS




これが、事実です。
でも、そのためにも、正しくウエイトをやること。
そして、任せること。プロセスを造らないこと。
ですね。。。

子供のように少し「無邪気」になるぐらいで、ちょうどいい。
頭でっかちになるのではなく、サンタさんを信じる子供のように。
これが、実用性の正体です。


関連記事・類似内容の記事はこちら




関連記事
スポンサーサイト