私が感じる「ウエイトトレーニング動作」の「フィーリング」ですが、
だいたい、こんな感じです。

ひっついて
ねちっこく
おちている


「くっつく」じゃなく「ひっつく」なんですね。。。
アロンアルファーか何かで「くっついた」「固まった」ニュアンスじゃなく、
チューイングガムのような、「伸び縮み自由」ですが「つながっている」感じ、というか。

そう、「ねちっこい」感じ。ひっついていてどこか「急かない」感じ。
そういう落ち方ですね。でなければ、「重りと呼吸が合わないから」
「重りと呼吸が合わない」から、「筋力を使っちゃう動作になる」

余計な力が入らない動作が、成功です。入ったら、失敗です。
そのために、重りを受け、調和し、馴染み、ねちっこく、ひっついて、おちるのです。


[広告 ] VPS
関連記事
スポンサーサイト