以前は、たとえば「今日、動作の調子がいまいちだなぁ」というときは、
「タイミングを早くすれば???」
が主流のアドバイスでした。しかし、今は少しそれを見直していて、

「待て、を入れれば???」「遅らせれば???」
としています。不調の理由は、「余計な動き」。何か余計なこと(動作)をやっちゃっているのです。
しかも、急いてせっかち(力み)になってたり。。。膝下歩きなどが良い例です。

案外、「待て!」が入るだけで、
じつは「重力の受け方(拾い方やもらい方も含め)」がわかりやすく、脱力しやすいのです。
ウエイトルーム以外で重力を感じるひとつの手段です。
もちろん、、、ウエイトトレーニングでは、それを活かすツール!!やはりこれがいちばんです。

補足ですが、余計な急いた動きのほうが、じつは、ワンテンポ遅れた動きになります。
それだけ、重力と関われず、自己本位で乱れた暴れた「今」起こしている動きだから。
急かないねちっこい動きのほうが、じつは、「ワンテンポ早い」のです。時間は常に流れていますから。

ではウエイトでその「重力との関わり方」を学び、
力感なく、ラクに、簡単そうに、出力されてしまう「体の調和」を刻みましょう。
こういう動きだから、実用的でコンディションも整うのです。

挙がる前に、(わずかに一瞬ちいさく)「待て!」がある。
[広告 ] VPS


同様で、立ち上がる前に、(ほんの一瞬、ほんのわずか)「待て!」
[広告 ] VPS


しゃがむ前に、下降する前に、「待て!」
[広告 ] VPS




でも実際問題、、、、
重力をちゃんと受けてさえいれば、
じつは「待て!」が勝手におきるのです!!

ですので、無意識でそうした溜めになってしまうのです。ただこれらは「相関関係」がある。そう思う。

そう、、、こうして重力の受け方が自動化するから、、、
以下のように、どんな動きをやっても、「待て!」が叶い、溜まって簡単そうに動けるのです。

[広告 ] VPS



[広告 ] VPS





今回の記事内容は、以下ふたつの記事を融合したものとなっています。おさらいにどうぞ。
溜めを活かす
溜めを学ぶ




関連記事
スポンサーサイト