[広告 ] VPS


先日は、「足は両足に加重される」ということを強調しましたが、
たしかに間違いではないのですが、逆療法的に活かすことも可能ですが、
これも「体の意識」になれば、ブレーキになります。

大事なのは、「待て」がかかったワンテンポ早い感じ。
それを実現するための「重力の受け」「落ちること」になります。
両側性は、「結果論」。あるいは、体のことは任せておく。

その「受け」と「待て」をウエイトで学ぶのです。
それが、前回の記事内容
やはり、、、「重力の受け」からすべてがはじまるのです。
そして、、、「無自覚的な動きたい意思」がワンテンポ早い遅れた溜めとして叶っていくのです。

関連記事はこちら

関連記事
スポンサーサイト