2015.10.31 溜めを学ぶ
結局は、近道などなく、

重りをきちんと全身で受けることで、
その結果、

わずかな「待て」ができることだと思います。

また、力感のない、漫画でいうぷるぷる力んだ“波線”が一切ないそんな感じが実現します!!
明らかに、受けているのに、なぜか、、、受けたほうが挙がってしまう。
こういう「脱力」「調和」も両立します。その原動力が、「受け」と「わずかな“待て”」です。
では以下動画をどうぞ。


[広告 ] VPS


[広告 ] VPS


[広告 ] VPS




関連記事
スポンサーサイト