溜めや早さについてこれまで数回触れてきましたが、
大事なことが抜けていましたので、このことについて簡単に触れます。
それは、体重の乗り方について。

左右(あるいは味方によっては前足・後足)どっちの足に乗るのか、ということ。


歩行やランニング・スイングにいたるまで、私個人の見解を述べますと、
後ろ足でキックしたり、後ろ足に体重が乗ったり
逆に、前足側に体重を乗せるものでも“じつは”なく、


比率は変化するかもしれないが、両足側に乗っているのです


溜めとは、「今か今か、、、が待たされた感じ」「ワンテンポ早いけど、待たされた動き」
しかし前足側だけに乗ってしまうと、溜めができません。どこか足を置きに行くような感じが歪めない。
もちろん、後ろ足に乗せてますと、動きがワンテンポ遅れてしまいます。力感ばかりで実用しない。

シンプルに、、、上体の真下には、左右の下肢がある。
どちらか片足が浮いていても、左右の下肢が上体の真下にある。
だから、落ちて、上体が下肢両方に乗るのは当たり前で、上体の真下に下肢がついてくる、ということ。

以下ランジ動作でも、(比重は変化するだろうけど)じつは両足両方両側に体重が乗っています。
前足への意識や後ろ足への意識はなく、とても自然。むしろ比重や加重など「忘れている」。
だからこそ、両方に乗っているからこそ、止まらない時間の流れに適応できるのです。
ある意味、他の動作へのヒントにもなるランジ運動。ワンテンポ早い遅れた動きです。


[広告 ] VPS


[広告 ] VPS




補足事項や加筆は、こちらから



関連記事
スポンサーサイト