私が掲げているのは、じつはこういうことです。
うちに「近道」を求めないで」ください。だから、、、遠回りになるのです!!
そう、、、近道しないことが、もっとも近道。

でも、このことに気づいていない方、多いでしょうね。。。

うちは、すべての近道を封じた結果、編み出されたのです。

そこが弱ければ、安直に筋力をつけて、
そこが硬ければ、安直にストレッチをして、
成果がいまひとつなら、安直に同じことをしてもっと追い込んだり、
スポーツに類似した動作で筋力アップしようとしたり、など、安直に点と点をつなげたり、
近年では身体の使い方が言われます。動作ありきの強化であり、動作ありきの体だから。
でも、その体の使い方を、安直に身体意識や操作法でまかなったり、

そうやって、またさらに繕ってしまうから、遠回りになるのです。
しかも、叶った気になる誤った充実感が、もっとも厄介。過ちにも気づかない。変な正当化。
カタチや形式ではありません。そこに本質はありません。
力任せな動きや自己本位な技術も、近道でしかありません。だから、、、遠回りになるのです。

うちが掲げた重力と時間との対話は、近道しようがありません。
これまで身についた余計な近道を剥いでいく作業です。決して短い道のりではありません。
でも、これこそ、避けて通れない道であり、じつは最大の近道なのです。

これさえやれば、結果がでる、そんなもの、、、ありません!!そんな紹介など、できません。
これこそ、近道を求めた遠回りだから。だから、述べないのです。
でも、わかりやすさが先行する。データーがほしい。でも結局、偽りです。

ウエイトでいえば、うちはあえて、「支える種目」「ぶら下げる種目」としか分類しないし、
答えは言わない。具体例もあえてあげない。
それは、答えは「あなたが」感じるもの、掴むもの、だから。

コーチとは、そういうもの。
だから、体をこう使え、という近道ではなく、重りをどう受けるか。しか言わない。
でも、、、それが答え。そこに答えがある。掴むものだから。便利な近道なんて、ないのです!!
クライアントさまの特権を奪うようなことはできないからです。だから多くを教えないのです

そもそも、情報社会に麻痺してしまい、感じる力が薄れてしまう世の中になったと思います。
私の指導でさえも、便利な近道を求め、そうじゃなければ、不満がでる。
カタチが欲しい、これさえやれば、、、
そんなものを求めるから、うちのやることが、ただしく理解できないのです!!

うちは一貫して、、、人として大切なものだけを求めているだけです。

感じて、掴んでいく。私は、そのきっかけを与えるにすぎない。
近道をしない、という、ほんとうの意味の近道を、お伝えしてるだけ。
このことを、しっかり覚えておいて欲しいと思います。

続編はこちら
関連:知る・わかる・できる



関連記事
スポンサーサイト