一つ前の記事加速、というからくりでは、どちらかというと競技者向けの内容。
今度は、一般向け。フィットネス向けの内容です。
しかし結論は、やはり、、、、こういうことになってしまうのです。それは、、、





加速だけはするな!!


加速するから、力んでしまうのです!
力むから、加速という結果になってしまうのです!!
加速するから、負担が増すのです!
力むから、その加速がブレーキとなって、負担が増すのです。

実感とはよそに、たいして動けていないことが、何よりの証。



ではここで、ふたつの動画を比べましょう。


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS




これまで何度も、「重りと体との縦の距離」について触れました。
加速による力みは、その縦の距離を短縮させてしまうことで、
重力に逆らい、敵対し、倍返しの負担になっているのです。それが後者の動画です。

しかし、伴走でき、縦の距離を一定に保てれば、、、前者の動画のように「スムーズ」!!
同時にこれは、前の記事でも申しましたが、タイミングもかみ合っており、機能的。
大事なことは、、、等速なのです!!これを、等速というのです!!


ほら、、、等速でしょう!!この距離勘が、いいのです!!この受け方が、いいのです!!

[広告 ] VPS




加速は、力みの証。
加速は、非機能的な証。
加速をやめて、等速になりましょう!!
体を使うのではなく、重力と時間を使う!!重力と時間を受ける!!



関連記事
スポンサーサイト