うちのトレー二ングでは、
鍛えたあとのほうが、筋が弛緩します。動きが軽くなります。
重りを扱ったあとのほうが、重りを受けたあとのほうが、弛緩し、動きが軽くなります。

こういうことが、当たり前のように味わえるうちのワークアウト。

しかし、、、こういうと、ひとりやふたりは、このような意見をお持ちであるケースもある。
「当たり前じゃないですか???」
「重さがなくなって、抵抗がなくなって、軽くなるんですから・・・・」

もしや、あなたも???

でも、そういうあなた、、、
もしほんとうにそうなら、、、とっくに動ける体なっていないでしょうか???


実際にそういう方に、その人が以前からやっていた動作であえて行っていただきます。
その後、ストレッチしますと、、、「やっぱりがっちがち!」
さっきまで正しく鍛えた後のやわらかかった状態とは、まったく異なることに気づかれるのです。

良い動きで、重さを受けて、動けてるから、
受ける知恵が刻まれて、脱力でき、弛緩するです。
そういう動きで鍛えるから、そういう体になっていくのです。

[広告 ] VPS



それにたいし、力んでがっちがち。固めたり、反射を用いたり。。。
ようは、それだけ「受けてない」から、余計なことがいっぱいできるのです。
余計な「力んだ動きが」。だから、終わったあとも、硬くなるのも当然です。
以下のような最悪の動作を、けっこいみなさん、やっていませんか???

[広告 ] VPS




関連記事
スポンサーサイト